食のプロフェッショナル

フードコーディネーターは食のプロといえます。新しい料理の提案から、食材を活かす料理の開発までいろんなことを行なう必要があるためです。仕事の内容によっては料理よりもお金が重要になってくることもありますが、料理が好きという気持ちを忘れないようにしましょう。

フードコーディネーターに必要なもの

  • 料理に対する探究心
  • 日々新しいものを生み出すアイディア
  • アイディアを料理に変える技術

料理研究家とフードコーディネーターの比較

料理研究家

料理研究家は言葉の通り、料理の研究を行なう専門家のことを指します。研究結果をまとめた料理本を執筆することもありますよ。

フードコーディネーター

フードコーディネーターも料理研究家と同じく、料理の研究を行ないます。しかし研究よりもビジネス寄りになることが多く、売上のことも考えることも多くなるのです。

[PR]調理専門学校で資格取得☆
就職サポートもばっちり!

[PR]調理の技術が学べる高校を紹介!
夢を実現させる近道☆

[PR]フードコーディネーターの資格を取ろう
必要な知識をしっかり習得

[PR]辻調理師専門学校の特色をリサーチ☆
希望に沿った進学先を見つけよう♪

フードコーディネーターの知識と技術を身につけるなら学校がベスト

調理

フードコーディネーターになるためには

料理の開発から食を使った企画提案まで様々なことを行なうフードコーディネーターになるためには独学で学べる知識だけでは足りません。辻調理師専門学校のような、調理に関する知識と技術が習得できる専門学校に通うことがベストと言えるのです。

高校生からでも目指せる

フードコーディネーターは高校生からでも目指すことが出来ます。全国には数多くの調理科を併設している高校があるので、こうした学科を専攻していけば早い段階から食に関する専門知識を身につけることが出来るのです。