調理科のある高校はどこ?【スタートダッシュが肝心】

高校生から始める調理の勉強!早ければ早いほど吸収できる

高校の調理科と調理師専門学校の違い

高校の調理科

高校の調理科はあくまでも高校の学科という分類になっているので、卒業と同時に高校卒業認定をもらうことが出来ます。学力を重視した企業などの就職に有利になりますよ。

調理師専門学校

調理師専門学校は学力よりも資格や技術を優先させます。高校と違って在学期間が短いため、すぐ現場に出たいという方に向いていますね。

専門学校という選択肢

高校ではなく、専門学校に入学するという選択肢もいいでしょう。専門学校では特定の職業に向けての専門的な学習を行なうことが出来るので、目指している職業に特化したコースを選ぶといいですよ。

調理科のある高校はどこ?【スタートダッシュが肝心】

料理

高校から始める

調理の勉強は高校からでも始めることが出来ます。高校の学科に調理科を設けている学校に通うことで早くから料理について学ぶことが出来るようになるのです。

経験は長ければ長いほど良い

料理は行なえば行なうほど技術が上達してきます。そのため高校生から調理に携わっておけば、上達する速度も上がり料理人になるという夢に向けて良いスタートダッシュを切ることが出来るのです。

基礎はしっかりと学ぶ

高校の調理科で習う勉強は料理の基礎の部分がほとんどでしょう。しかしこの基礎をしっかりと行なうことで料理の腕を上げることが出来ます。基礎ほど重要なものはないので、しっかりと学びましょう。